アルツハイマーや更年期障害の治療|つらい症状を打破するのだ

doctor and nurse

身近な病気

アルツハイマーを疑った時の対処法

nurse

アルツハイマーとは、認知症の中で最も多い症例のある病気です。 一般的な物忘れとは異なる特徴があり、高齢者だけではなく若い方でも発症することがあります。 アルツハイマーの症状は、少しずつ進行しますので気付きにくい病気です。 また、本人は自分はしっかりしていると思い込んでいる場合が多いため、自分でアルツハイマーだと気付くことはなかなか難しいです。 ですから家族や会社の同僚が異変に気付いて、本人に病院へ行くように促したことがきっかけで、病状が発覚したというようなケースも多いのです。 病院では治療を行う前に、まず本当にアルツハイマーであるのかどうかを調べるために、問診や認知症テストなどを行います。 診断の結果、アルツハイマーではなく単なる物忘れが重なっただけであったという場合もありますので、怖がらずに早めに病院で検査を受けてみて下さい。

早期の発見と治療が肝心です

病院で診断を行った結果、アルツハイマーであるという結果が出た場合、自暴自棄になってしまう方もいらっしゃいます。 ですが、最近ではアルツハイマーに効果のある新薬の開発が進んでいます。 アルツハイマーは一度かかってしまうと、現代の医学では完治させることができません。 ですから、これまでは少しでも進行を遅らせることのできる治療薬が作られてきました。 しかし現在では、アルツハイマーの病原を根本から阻止する治療薬の研究や、進行を遅らせるのではなくくい止めることのできる治療薬の研究も、積極的に行われています。 近い将来には、画期的な新薬が誕生するのではないかとも期待されています。 アルツハイマーは、発症しますと本人だけではなく介護をする周りの人までも巻き込んでしまう病気です。 ですから、まずは早期に異変に気付き、そして早期に治療を開始することが肝心なのです。