アルツハイマーや更年期障害の治療|つらい症状を打破するのだ

doctor and nurse

女性のホルモン減少

ホルモンバランスの乱れが原因

doctor

女性の体では、周期に合わせてエストロゲンの分泌量が増えたり少なめになったりすることで、ホルモンバランスが保たれています。ところが50歳くらいになると、エストロゲンの分泌量が少なめになり、増えにくくなります。これは卵巣の機能が衰えてくることが原因なのですが、それによってホルモンバランスが乱れ、体が不安定な状態になります。すると頭痛やめまいなどの体調不良が起こったり、不安感や苛立ちなどの精神的な問題が生じたりするのですが、これが更年期障害です。 ホルモンバランスの乱れが原因ですから、更年期障害に対しては、ホルモンバランスを整える作用のある漢方薬での治療がおこなわれています。また、市販されている植物性エストロゲンのイソフラボンのサプリメントを飲むことでも、症状は緩和されていきます。

配合されている他の成分

イソフラボンは大豆に含まれている成分なので、豆腐など大豆製品を食べたり、豆乳を飲んだりすることでも、摂取することが可能です。しかしサプリメントの場合、イソフラボンだけでなく、更年期の女性の体に必要な他の栄養分も一緒に摂取することが可能です。 具体的に何が配合されているかは、サプリメントによって異なるのですが、特に多く配合されているのは体の調子を整えるビタミン類やミネラル類です。また、肌質を高めるコラーゲンや、若々しさを維持するプラセンタが配合されているサプリメントもあります。 つまりサプリメントでは、植物性エストロゲンに加え、更年期障害による諸症状に直接作用する成分も摂取できるわけです。また、更年期障害の予防効果もあるので、多くの女性が更年期に入る前からイソフラボンのサプリメントを飲んでいます。